2017年01月13日

生命保険に関するデータご紹介~①~

(公財)生命保険文化センターが3年に1回の割合で行っている『生命保険に関する全国実態調査』から、今回は世帯加入状況と直近加入の生命保険に対する調査結果をご紹介いたします。

≪世帯加入状況(個人年金保険を含む)≫
 ★加入率(※全生保 89.2%)
 ★個人年金(全生保 21.4%)
 ★加入件数(全生保 3.8件)
 ★普通死亡保険金額 (2,423万円)
 ★年間払込保険料 (38.5万円)

≪直近加入の生命保険≫
 ★加入目的①医療費・入院のため58.5%②万一のときの家族の生活保障のため53.1%
 ★医療保険・医療特約の世帯加入率91.7%
 ★ガン保険・ガン特約の世帯加入率60.7%
 ★特定疾病保障保険・特定疾病保障特約の世帯加入率44.0%


生命保険とは、人生の転換期などにそのプランを見直していくもの。一度、加入したら何のメンテナンスも要らないという商品ではありません。加入している保険を点検して、無駄や足りない部分はないか確かめたり、ライフステージに変化があった時には、そのステージに見合った保障に乗り換えたり。常に、保険をチェックする姿勢が必要です。

 ※全生保は、民保(かんぽ生命を含む)、簡保、JA、県民共済・生協等を含む。
出典 (公財)生命保険文化センター「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」より)