2017年10月16日

大変長らくお待たせ致しました。リレーコラム再開です!

今回は「付帯サービス」についてご紹介します。

皆さん、保険商品によっては契約すると「付帯サービス」がつくのをご存知でしょうか?
「付帯サービス」とは、申込契約した保障内容に関わらず、
健康や病気に関するお悩みをサポートしてくれる無料のサポートサービスのことです。(一部有料あり)

「付帯サービス」の一例として・・・

◆夜中、急に子供の具合が悪くなった。どこの病院が空いているの?何科を受診したほうがいい?
◆医師に手術しか方法はないと言われた。他の医師の意見も聞いてみたいな・・・
◆ガンと診断された。家族にはなるべく迷惑かけたくない。経済的なことも不安だ・・・

上記のような、悩みや質問に対して、専門医や専任スタッフがお電話で対応して下さいます。
内容によっては、セカンドオピニオン(※)として専門医の紹介などもあります。

※セカンドオピニオンとは、日本語では「第二の意見」と呼ばれるように、患者がある病気で診断を下された際に、診断結果やその後の治療方針・治療方法について、主治医以外の医師から意見を聞くことを言います。
主治医以外の意見を聞くことで、現在の治療が適切なのか、他に良い治療がないのかなど、患者がより納得のいく治療を受けることが可能になります。


その他にも、保険会社や保険商品によっては、お身体に関することだけではなく、

◆暮らしに役立つ「家事代行サービス」「介護サービス」「保育施設割引利用サービス」
◆普段のお休みに使える「テーマパーク割引券」「映画優待チケット」「グルメ割引券」
◆贅沢な時間を過ごせる「国内ホテル割引券」「名旅館や一流ホテルの割引券」

など、日常生活でもより楽しく過ごせる「付帯サービス」があります。
長く付き合う保険ですから保険検討の際には、保障内容や保険料と共に「付帯サービス」も合わせて検討するのもいいかもしれませんね!