2017年02月01日

自営業者の方へのポイント・・・

ご家族や独立されて事業を営まれている方も多いかと存じます。 自営業の方では民間企業・公務員でお勤めの場合と社会保険(公的医療保険・公的年金制度)が異なっています。

ひょっとするとお気づきになっていないかもしれないリスク(例えば特定の疾病で働けなくなったときに大丈夫だろうか?自営業で退職金は大丈夫だろうか?等)を面談時にご一緒にリストアップします。
( 相談のポイント)
・既婚者の方は必ずご夫婦同席で(保険をかける側、受取る側)ご相談いただくことが基本です。
・場所はくつろいでご相談いただけるご自宅まで無料でお伺いいたします。
運営会社の相談スペースを設定することも可能です。個人情報が他の方に漏れる心配もございません。

・ご相談ニーズは責任世代の保障や学資のご要望が多いですが、お子様に残せるものは教育・経験等だけではありません。 お子様に介護をさせない対策も重要です。いまや介護離職の現実がございます。その対応のためには老後のための専用口座を作られたり、終身保険等の活用が解決策の一つになることもございます。

〈石岡支社〉

栗原 和幸

何のために保険は加入するのでしょうか?まずは話を聞いて頂ければと思います。