保険を探す/見直す

上手に「険活」するために。保険選び&見直しへのヒント!

初めての生命保険。
かしこく選ぶには?

今まで生命保険に未加入だった方が、初めての保険を選ぶ。確かに、戸惑うことも多いと思いますし、十分な保険の知識も持ち合わせていないことがほとんどでしょう。でも、「保険に入ろう!」と思い立った理由はあるはずです。まず、そこを確認することからはじめてみましょう。

どうして、保険に入りたいと思いましたか?

保険に入る目的をしっかりと確認すること。家族のために死亡保障が欲しいのか、病気やケガなどでの医療保障が必要なのか、貯蓄がしたいのか。 “将来のために備えよう”という漠然とした思いからから一歩進んで、具体的に考えることが大切です。

できたら、たくさんの保険会社や商品を比較して検討する。

死亡保障でも「終身保険」「養老保険」「定期保険」などさまざまな種類があります。もちろん、これらの中には貯蓄の役割を果たす商品もあります。 また、医療の保障が必要なら「医療保険」「がん保険」など。女性の方なら、女性特有の病気に応える医療保険も揃っています。 保険の「険活.com」などの保険比較サイトのランキングなどを参考に、目的に合った商品の資料を請求して検討できればベストです。

理想的なのは、プロフェッショナルに相談すること。

それほど難しくないこととは言え、初めて生命保険加入を考える方にとって、保険を一から勉強したり、商品資料をきちんと理解することは少々気が重いかも知れません。 理想的なのは、専門家への相談。ここ保険の「険活.com」をはじめ、複数の保険会社を扱うサイトやお店での無料保険相談の活用です。 目的に合った商品の推薦はもちろん、意外な保障の選択肢が見つかったり、低金利時代の保険と貯蓄についてなどの最新事情も聞くことができるはずです。

保険の見直し。
押さえておきたいポイント。

生命保険とは、人生の転換期などにそのプランを見直していくもの。一度、加入したら何のメンテナンスも要らないという商品ではありません。加入している保険を点検して、ライフステージに変化があった時には、そのステージに見合った保障に見直したり、定期的に、保険をチェックする姿勢が必要です。

本当に必要な保障か?今、足りない保障はないか?

独身時代と結婚してからでは死亡保障の重みも変わりますし、学資保険は子どもが生まれて初めて必要になります。このように、人生の節目節目でも保険は見直した方がいいかもしれません。 たとえば、「結婚した」「就職した」「子どもが生まれた」「子どもが独立した」「定年退職した」などは、まさにそのタイミング。 これからの生活を見据えて、必要な保障で備えるべきです。

ライフステージの変化こそ、保険の見直し絶好機。

保険証券は、どこに仕舞ったかも覚えていない。案外、そういう方がたくさんいらっしゃいます。 今は契約内容などのレポートが郵送されてくることも多いので、一度保障内容をチェックしてみましょう。保障期間、受取人はこれでいいか、保険料は、特約は…。 そのことで、改めて今必要な保障が見つかる、毎月の負担が少なくなるなどのケースも多々あります。

ここでも頼りになるのは、プロの意見。

経験豊富なFP(ファイナンシャル・プランナー)であれば、さまざまお客様と向き合った実績から的確なアドバイスを差し上げることができます。 一人で悩んでいると、つい遠回りしがちな結論までの道のりも最短距離で案内してくれるはずです。「今の保障で大丈夫なの?」、「こんな心配ごとがある」、「子どもが独立したんだけど」…。 どうぞ、お気軽に無料保険相談をご活用ください。

思い立ったら無料相談窓口に。

保険を探す/見直す保険を探す/見直す

生命保険一覧から探す。
損害保険一覧から探す。