険活サポーターのアドバイス険活サポーターのアドバイス

ライフステージ:

心配事:大黒柱

2017年03月22日

大黒柱に万一があったら〜一大事をサポートする生命保険のチカラ。

大黒柱に万一があったら〜一大事をサポートする生命保険のチカラ。

生命保険の役割は“万一への備え”というイメージはどなたもがお持ちだと思います。あまり考えたくないことではありますが、一家を支える大黒柱であるご主人が亡くなられた場合、あるいは仕事を続けられなくなった場合、本当に保険にできることは何なのでしょうか。今から、どう保険を選んでいけばいいのでしょうか。私たち「険活サポーター」の経験から少しアドバイスさせていただきます。

“万一”とはどんな時か、あらためて考えてみましょう。

まず申し上げたいのが、“万一”とは加入者の方が亡くなるケースだけを想定してはいけない、ということ。ご主人が大きな病気やケガなどで就労不能になるケースも“万一”ですし、共働きの奥様が同様な状態で働けなくなる場合も“万一”です。つまり、世帯収入が下がり現時点での生活を維持できなくなることを“万一”と捉えましょう。医療の技術も日進月歩している現在、死亡保障を考えることが最優先ではない時代がはじまっているのです。

“万一”とはどんな時か、あらためて考えてみましょう。

大切なときをサポートしてくれる、保険のチカラ。

ご主人が亡くなったり、仕事に就けなくなると残された奥様が家族を支えていくことになります。こんな例がありました。ご主人が仕事を続けられない状態になり、専業主婦だった奥様が就職活動をすることに。仕事を離れて時間が経っていたため、納得できる職を見つけるまで1年以上を費やしてしまいました。しかし、その間の生活費を保険で補うことができたのです。保険の備えがなければ、貯蓄から捻出しなければならなかったはず。奥様は「自分に合った仕事を、安心して落ち着いて見つけることができた」と語ってくださいました。これも、万一への備えと言えるのです。

大切なときをサポートしてくれる、保険のチカラ。

保険に入る目的をしっかり見きわめて、幅広く考えていきましょう。

キャリアのある方でも、それに見合った再就職先を確保するとなると時間がかかるもの。そんなときに、たとえば収入保障保険に加入していれば、お給料のように月々の支払いを受けることも可能ですし、貯蓄性のあるタイプをお望みなら終身保険、養老保険もいいでしょう。また、死亡保障を考えていくのであるなら、家族構成や経済状態、将来への計画などをしっかり検証していくのが原則。ご家族によって必要な保障は千差万別ですので、遺族年金など公的な保障やお持ちの資産などと考え合わせたうえで保険選びを進めていくべきです。ご自身にとって、何を補うために保険を利用するのか、その点の確認も含め私たちといっしょに考えていきましょう。

保険に入る目的をしっかり見きわめて、幅広く考えていきましょう。

万一の備え、「ある」と「ない」とでは大きな違いです。
お客様のご要望に沿って最善のアドバイスとご提案を目指します。
私たち「険活サポーター」にご相談ください。
(この記事内容は、ファイナンシャルプランナーの見解です。)

険活サポーターに無料保険相談険活サポーターに無料保険相談