険活サポーターのアドバイス険活サポーターのアドバイス

ライフステージ:

心配事:貯蓄

2017年03月22日

なかなか貯蓄できない〜低金利時代を生き抜く「保険」という知恵。

なかなか貯蓄できない〜低金利時代を生き抜く「保険」という知恵。

貯蓄を考えたときに保険が選択肢に入る方、どれくらいいらっしゃるでしょうか。万一のときに備えるための保険は、実は貯蓄の機能も持っているタイプも揃っています。低金利時代となった現在、長い目で見ていけば金融機関に預貯金を持つよりも有利に貯められるケースもありますので、十分検討する価値があるでしょう。

貯蓄を保険で考えるなら、その基礎知識を正しく知っておきましょう。

まず、保険は複利で利息がつきます。改めて説明すると、元本(この場合は保険料)に対してのみ利息を計算するのではなく、元本に利息を合わせたものにさらに利息をかけていく方式です。利子にもまた利子がつくことになります。次に、税金について。貯蓄を目的とした保険において支払われる保険金(死亡保険金、満期保険金、個人年金など)は源泉分離課税の対象外となります。受け取る際に税金分が源泉徴収されることはありません。税率の低い、所得税・住民税しかかからないのです※。これは、株式や各種債権などと比べて保険がとても有利なポイント。保険で貯蓄を!と考えているお客様にはいつもこれらのメリットを最初にお話ししています。

※契約の仕方によっては例外がありますので、詳しくは「険活サポーター」にご相談ください。

貯蓄を保険で考えるなら、その基礎知識を正しく知っておきましょう。

個人年金でゆとりある老後へ向けて備える。

お金を保険で貯めるイメージで、いちばんわかりやすいのは個人年金かもしれません。公的年金にプラスしていくための老後資金を積み立によって貯め、年金という形で支払いを受ける保険です。たとえば10年ほど年金が支給されるタイプのものから、生きている限り受け取れる終身年金型などいろいろな選択肢があります。利率もさまざまですので、詳しくはぜひご相談ください。

個人年金でゆとりある老後へ向けて備える。

終身保険は、何にでも活用できる貯蓄性の高い保険。

終身保険は保障が一生涯続く生命保険ですが、もちろん、必ずしも一生加入している必要はありません。そのため、貯蓄にはたいへん向いています。解約を行えば返戻金が受け取れますので、お金が必要な時期に資金として活用できるのです。老後のため、お子さまの教育資金のため、親の介護に備えてなど柔軟に考えることができます。たとえば煙草をお吸いにならないのでしたら、終身保険の非喫煙者割引などを利用したお得な保険料で10年20年と積み立てていけば、その間保障も続きますし、生命保険控除も受けられます。とてもかしこい貯蓄方法と言えるでしょう。

終身保険は、何にでも活用できる貯蓄性の高い保険。

貯蓄の目的が教育にと決まっているなら、学資保険。

貯蓄の目的がお子さまの教育資金と決まっている場合には、まず、学資保険。目的に向かって計画を立てやすいですし、大学進学などまとまったお金が必要なタイミングで支払いが行われます。しかし、終身保険などでも同じように教育資金を目的に貯蓄できますので、それぞれの保険の仕組みをよく理解したうえでお客様に合った保険を選んでください。

貯蓄の目的が教育にと決まっているなら、学資保険。

保険と資産運用を兼ね備えた、変額保険という選択。

より積極的に貯蓄をしたいというお客様には、養老タイプの変額保険をおすすめすることがあります。保険料の一部が株式や債権などで運用されるため受け取れる保険金は一定ではありませが、死亡保障の額が変わることはありませんのでその点は安心です。元本が保証されないなど、もちろんリスクは伴います。しかし、一般の保険と比べて安い保険料で、運用がうまく行けば解約時の返戻金は増えていきます。保険で貯蓄をと考えた場合の選択肢のひとつと言えるでしょう。

保険と資産運用を兼ね備えた、変額保険という選択。

保険は、貯蓄機能に関してもたくさんのメリットを持っています。
「険活サポーター」にご相談いただければ、
ご要望にふさわしいご提案でお応えいたします。
(この記事内容は、ファイナンシャルプランナーの見解です。)

険活サポーターに無料保険相談険活サポーターに無料保険相談