険活サポーターのアドバイス険活サポーターのアドバイス

ライフステージ:就職

心配事:

2017年03月22日

就職した〜社会人として、自分に必要な保障を考える。

就職した〜社会人として、自分に必要な保障を考える。

就職して社会人になるということは、独立して生計を立てられるようになったこと。保険に関しても、親が掛けていてくれたものから卒業し、自分で保障を選び自ら加入していかなければなりません。しかし、新社会人にはおそらく保険の知識も少ないでしょうし、生命保険を意識したことすらない方も大勢いらっしゃるはずです。保険のはじめの一歩として、どう考えればいいのか少しお話ししましょう。

入社時に会社からすすめられた保険。何も考えず加入しませんでしたか?

私たち「険活サポーター」は、入社時に会社や組合などにすすめられるまま、何となく保険に入ってしまった方々にたくさんお会いしています。また、上司の紹介に従って、会社に営業に来ていた保険外交員を通じて生命保険に加入したというお話しもたくさん聞きました。就職時の保険選びとは、だいたいこのようなものなのではないでしょうか。つまり、自分で調べて、自ら決めて保険に入る新社会人は少数派なのです。しかし、今は終身雇用の時代ではありませんし、将来的に転職する確率もきわめて高いものがあります。後々の手続きや保障内容の問題も含め、こんなことで本当によいのでしょうか。あなたも「何となく派」や「上司のすすめ派」ではありませんか?

入社時に会社からすすめられた保険。何も考えず加入しませんでしたか?

若いうちに保険に入る有利さを意識しましょう。

現在“入ってしまった”保険を見直したい、また、この機会にぜひとのことでしたら、まずライフプランを立てましょう。大げさに考えなくとも少し先の将来を思い描くだけでもいいと思います。勤め続けるのか、他にもっとやりたいことがあるのか、結婚観はどうなのか。それだけでも保険の見直しには有効です。お金を積み立てて行くにしても、病気などに備えるにしても、生命保険は若く健康なうちに入るのがおすすめです。若いうちに自分にあった保険を見つけることは将来の生活設計に役立ちます。

若いうちに保険に入る有利さを意識しましょう。

将来のために役に立つことは、今本当に必要な保険を選択すること。

若いのですから大きな死亡保障などは、今のところそれほど必要ではないでしょう。それは、今後家族などができたらあらためて見直していけばいいことです。おすすめは、まず貯蓄性があるうえ保障が一生涯続く終身保険。若いうちに入っておけば保険料も安くすみますし、解約時の返戻金は多く戻ってきます。この低金利時代、銀行に預金するより利率や保障のため有利な場合もあります。また、病気やケガに備えるなら医療保険。これも若いうちに加入されると保険料が高齢時に入るよりもお安くなります。新社会人には、まだ経済的なゆとりはそれほどないと思いますので、保険にまわせる金額は低いはず。それでも、その“少し”を最大限に活かしていく手段として保険は十分機能します。保険を選ぶことは、自分の将来を展望することでもあるのです。

将来のために役に立つことは、今本当に必要な保険を選択すること。

ご自身の将来のために、ご自身の意志で保険を選ぶお手伝いをいたします。
私たち「険活サポーター」にお任せください。
(この記事内容は、ファイナンシャルプランナーの見解です。)

険活サポーターに無料保険相談険活サポーターに無料保険相談