険活サポーターのアドバイス険活サポーターのアドバイス

ライフステージ:

心配事:がん

2017年03月22日

がんに備えて安心したい〜がん治療の今、がん保険の今。

がんに備えて安心したい〜がん治療の今、がん保険の今。

がんへの関心は、とても高まっています。早期に発見して、適切に治療をすれば克服できる病気であることはすでに常識となっていますし、“日本人の2人に1人はかかる病気※”などのデータもさまざまなメディアで目にするようになりました。「がんにかかっても安心できるように準備を進めよう」と思われる方が増えているのもうなずけます。

※国立がん研究センター がん対策情報センターによる推計値 (2012年)

がん治療の中心は、入院から通院へと移ってきています。

まず、がん治療の“今”を見てみましょう。がんに対する研究は飛躍的に進み、診断や治療の技術もめざましい進化を続けています。以前ですと入院手術が治療法の主流でしたが、現在では放射線治療や抗がん剤治療を通院によって行うことが増えています。病状によっては、手術は選択されないケースも少なくありません。仮に、入院手術となったとしても、日進月歩の技術の向上で入院期間は短くなる傾向にあります。つまり、がんの治療方針は、入院から通院へ移ってきていると考えていいでしょう。

がん治療の中心は、入院から通院へと移ってきています。

治療の前にお金が受け取れるのが、がん保険の特長です。

入院とならない、また入院が短期になってるがん治療に対して、主に入院費や手術費用などを保障してくれる医療保険への加入で十分安心できるでしょうか。「1日入院したら3万円支給される医療保険に入っているから大丈夫!」とは、もう言えないのです。やはり、まずはがん保険を選択するべきでしょう。がん保険と医療保険のいちばんの違いは、お金が支払われるタイミングです。治療にかかった費用を請求した後に支払いを受けるのが医療保険ですが、がん保険はがんと診断された時点で一時金が支払われます。以降の治療費などに役立てることができるわけです。また、入院が短期間になる最新の治療方針に対応したがん保険もぞくぞくと登場しています。

治療の前にお金が受け取れるのが、がん保険の特長です。

がん保険選びでは、こんなところにも注目。

がん保険を選ぶ際には、一時金は一度きりなのか、複数回支払われるのかもチェックしておきましょう。病気の特性上、転移・再発の可能性や入退院が繰り返されることも考慮する必要があるためです。また、厚生労働省に認められた「先進医療」で治療する際の経済的負担を軽減する、先進医療給付金特約もほとんどのがん保険で契約することができます。健康保険適応外ですので、高額の治療費に備えたい方は選択肢になるでしょう。さらに、女性特有のがん(乳がん、子宮がん、卵巣がんなど)にかかった場合、より手厚い保障が得られる女性の方向けのがん保険も発売されています。ただし、保険料が高くなることは覚えておいてください。

がん保険選びでは、こんなところにも注目。

働けなくなった、収入減になった。そんなときの準備も忘れずに。

忘れがちなのが、治療が長期にわたった場合への備えです。がん治療では再発を抑えるため抗がん剤投与が続くなど、治療が長期間におよぶケースも多々あります。その間、働けなかったり、副作用によって働く時間が制限されたりすることも考えなければなりません。就労不能に対応した保険の活用や、終身保険をはじめとした貯蓄型の保険で準備しておくことも合わせておすすめします。がんに対しては、医療面だけでなく、生活全般に目を向けていくことが大切です。

お客様のがんへの心配に即した解決策をご提案いたします。
私たち「険活サポーター」にお任させください。
(この記事内容は、ファイナンシャルプランナーの見解です。)

険活サポーターに無料保険相談険活サポーターに無料保険相談